2010年05月28日

パロマ事故で元社長らの有罪確定へ(産経新聞)

 平成17年に東京都港区の大学生、上嶋浩幸さん=当時(18)=らが死傷したパロマ工業製ガス湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故で、業務上過失致死傷罪に問われ、1審東京地裁で執行猶予付きの有罪とされた同社元社長、小林敏宏被告(72)と元品質管理部長、鎌塚渉被告(60)の2人は25日、控訴しない意向を明らかにした。有罪判決が確定する。

 両被告は「『一般の修理業者による修理全般にわたりメーカーが責任を負う』との判断は心外に思っているが、個人的な事情により控訴しない」とのコメントを発表した。

 11日の1審判決は「事故の発生は予見可能だった」として小林被告に禁固1年6月、執行猶予3年(求刑禁固2年)、鎌塚被告に禁固1年、執行猶予3年(求刑禁固1年6月)を言い渡した。

【関連記事】
パロマ元社長ら有罪 湯沸かし器2人死傷事故 東京地裁判決
消費者庁「教訓生かす」 パロマ湯沸かし器19万5000台未確認
「ヒロ君の死、無駄じゃなかった」 パロマ元社長有罪で両親会見
19万台依然不明 パロマ湯沸かし器回収続く
パロマ社長が遺族と面会 湯沸かし器事故の発覚から3年
虐待が子供に与える「傷」とは?

<西本願寺札幌別院>お寺の本堂が一夜限りの「クラブ」に バーテンは僧侶 悩み相談も(毎日新聞)
雑記帳 田植え選手権 187人が正確さ競う 岩手・奥州(毎日新聞)
レクサスのリコール届け出へ=最上位モデルの4509台―トヨタ(時事通信)
<口蹄疫>ワクチン接種してもなぜ殺処分?(毎日新聞)
口蹄疫 最上級種牛を殺処分 ワクチン接種開始(産経新聞)
posted by オオイワ アキラ at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。